2024年相続登記の義務化制度が開始となります。


◆遺言・相続は、思いもよらず複雑になる場合があります。
◆おひとりで手続きするには、時間・法律の関係で難しい場合が多い。
◆そのようなときに、頼りになるのが専門家である、司法書士や行政書士です。
おひとりで、お悩みを抱えず専門家にご依頼なさることをお勧めします。
◆弊所では、経験豊富な司法書士、税理士と連携しお悩みを解決して参ります。
                   

お知らせ

どのようなご相談でも
気軽にできる行政書士事務所

当事務所は、「相続関係手続」、「遺言関係手続」
「農地転用手続」などを中心に、業務を行っています。


<業務内容>

一 相続手続


二 遺言書の作成アドバイス及び公正証書遺言代行手続

      ※各種終活サポートも対応可


三 農地転用手続(許可申請業務)


四 車庫証明手続


五 会社設立手続


六 記帳代行手続


七 その他各許可申請手続代行




どのようなことでもお気軽にご相談ください。

(月曜日~土曜日 9時~18時まで受付)

☎079-495-3254

行政書士野原周一事務所

お問い合わせ用に公式LINEアカウントを開設しました。


ご不明な点がありましたらLINEでお気軽にお問い合わせください。


QRコードをスキャンすると行政書士野原周一事務所のLINE公式アカウントを友だちに追加できます。


トークからお問い合わせいただけます。

友だち追加

アクセスマップ

・神姫バス「相の山」停留所から徒歩5分

相続・遺言手続業務


<相続・遺言>

例:Q

言って遺しておいた方がいいかな?」


「父が亡くなったけれど、この後の手続きって何をしておかなければいけないのかな?」


「万が一認知症に・・・その時の為に対策として何をしておいたらいいのかな?」




・遺言公正証書作成

・見守り契約締結

・任意後見契約締結

・相続人確定

・遺産分割協議書作成、手続

・死後事務委任契約締結など



                                                                          

まずお客様の立場に立ってしっかりとお話を伺い、一人一人に寄り添って、明るく希望のある人生を実現できるようお手伝いをさせていただきます。

企業様へ


東播・西播地域では、「太陽光パネルの設置」など、農地を転用し、設置する場合が多く見受けられます。


これ以外でも、一般建築など行う場合は、農地を宅地に転用して、その許可がおり、宅地化してからでないと、工事の着手はできません。


転用できるのかどうかの調査が必要となります。

どうか、必要な場合はご相談ください。

    TEL 079-495-3254 FAX 079-440-7769

    〒675-1112 兵庫県加古郡稲美町六分一1209番地の736