記帳代行

HOME > 法人様向け > 記帳代行

記帳代行

確定申告の種類にもよりますが、一般に「青色申告」を行うことを前提として、毎月の帳簿を基に記帳を代行し、入力管理を行うことによって、決算時に財務諸表(損益計算書及び貸借対照表)を当事務所で作成し、お渡しいたします。
税務申告は、税理士の業務ですので行いません。
そこからは税理士に依頼してして頂くことになります。

記帳代行のメリット

1.本業に専念できる

あなたは、日頃からとらわれていた煩雑な記帳業務の時間から開放され、本業に専念することができます。

2.人件費が削減できる

経理担当者を正社員として採用すると年間300~400万円ほどの人件費がかかってしまいます。
料金は月額3万円(税別)ですが、ご依頼していただくことにより大幅なコスト削減が可能となります。 

3.創業する方をしっかりとサポート

当事務所では、創業時の経理処理と併せて会社設立・各種許認可も行えますので、一からしっかりとサポートすることができます。

4.青色申告にしよう!(青色申告のメリット)

・会計処理方法を複式簿記にする、つまり白色申告から青色申告にする(税務署で、白色申告から青色申告に変更→<承認書>をもらう)だけで「青色申告特別控除」という制度を受けることができ、65万円の控除を受けることができます。この結果、例えば経費やその他の控除を差し引いた「所得400万円」のケースでは、白色申告では、特別控除はないので、課税所得は400万円、所得税と住民税をあわせて78万円であるのに対して、青色申告になると、この「青色申告特別控除」が受けられ、課税所得は335万円、所得税と住民税を合わせた金額は58万円となり、結果、所得税等の差は20万円となります。


・「純損失の繰り越し控除」という制度が適用になります。これは、赤字になった年から3年の間に儲けが出た場合に、確定申告で黒字の所得から赤字分を差し引くことができるという制度です。

                                          

・家族の給与が必要経費になります。


・減価償却の特例を受けることができます。30万円未満の備品や固定資産を一度に「経費」にすることが認められています。経費を増やし、所得を減らせるので節税効果があります(但し、この特例は2022年3月31日までに取得・使用したものに限られています)。


記帳代行の流れ

STEP01.事業内容などを聞き取り、帳簿に基づき正規の簿記の原則に従った仕分け入力を行います。

商号・本店・目的等の会社の基本事項を検討致します。
これに加えて
1.請求書の控えやそれをまとめた資料(台帳)、請求書、領収書、通帳などを準備していただきます。
(前月分の資料を当月5日頃までに持参または書類郵送をして頂きます)
2.次に正規の簿記の原則に従った仕分け入力を行い、残高試算表を作成して、.最後に賃借対照表、損益計算書を作成します。

⬇︎

STEP.2 記帳業務

証憑類は当事務所にて整理いたします。 

⬇︎

STEP.3 月次決算資料の納品

当月中旬までに、前月分の月次決算資料(貸借対照表・損益計算書・残高試算表)を納品いたします。
お預かりした資料関係もあわせて返却いたします。
あとは税理士を紹介致しますので、年次決算資料に基づいた確定申告を行っていただきます。