HACCP(ハサップ)

HOME > HACCP(ハサップ) > HACCP(ハサップ)のサポート業務

HACCP(ハサップ)のサポート業務

HACCPは令和3年6月1日にその実施が義務化されます。

HACCPとは?(頭文字を取って略したもの) 

H Hazard  危害要因

A Analysis   分析

C Critical  重要(必須)

C Control       管理

P Point   点

→いわゆる「衛生管理」を「見える化」することです。これは、具体的には

            ☟

① 衛生管理計画 ②実施 ③記録・確認 をすることです。  

つまり要注意なところを要チェックし、改善、そして記録するという作業を行うことです。


2種類のHACCP

■基準A(厳格)

・一定の従業員や組織を持つ大規模事業者

・と畜場(と畜場設置者、と畜場管理者、と畜業者)

・食鳥処理場(食鳥処理業者)

具体的には、食品メーカーの工場、と畜場、食肉加工場、食鳥処理場など規模により厳格

な基準が求められてきます。


■基準B(柔軟)

・小規模な製造・加工事業者

・小売り販売のみを目的とした製造

・加工事業者 (菓子、食肉、魚介類、豆腐の製造販売等)

・提供する食品の種類が多い飲食店等の業種 (飲食店、給食施設、そうざい・弁当の調理等)

・温度管理の必要な食品の保管、 販売や食品の小分け等を行う業種

具体的には、飲食店をはじめ食品を提供する全店、病院、ホテル旅館

幼稚園、水産加工場、総菜弁当加工場、介護施設、老人ホームなどです。

これらがHACCPの考え方を取り入れた衛生管理を求められてきます。


■もしHACCPに取り組んでいなかったらどうなる?

 ・飲食店営業許可の取り消し

 ・営業禁止

 ・営業停止の行政処分を都道府県知事は行うことができます。


■具体的には

 食品衛生監視員は許可の更新時や定期的な立ち入り時等に実施状況を確認する。

 小規模事業者等には、手引書に沿って助言・指導等を行うことになります。


当事業所の取り組み

・基準Aと基準Bの事業者を対象にその導入と毎月の巡回サポートを行って参ります。


〇基準A事業者様には

「厚生労働省」の「HACCP手引書」を参考に事業所の皆さんが集い、「7原則12手順の原則」に従ってHACCPを各事業所に沿った形で実施計画、記録、保存を事業所の皆さんと一緒に考え、決定の上実施していただきます。原則毎月2回の事業所訪問を通じて、アドバイス、サポートを行って参ります。

電話・メール・オンライン(ZOOM)でのご相談も承ります。


〇基準B事業者様には

まずHACCP導入のメリットを説明し、「公益社団法人日本食品衛生協会」の「HACCP

の考え方を取り入れた衛生管理のための手引書」に従って、具体的に計画や記録により、

衛生管理の「見える化」の手法を皆さんと一緒に考え、決定の上、実施していただきます。原則毎月2回の事業所訪問を通じて、アドバイス、サポートを行って参ります。

電話・メール・オンライン(ZOOM)でのご相談も承ります。



導入のメリット一例

・クレームやロス率が下がり、品質のばらつきがなくなった。 

・取引先からの評価が上がった

・衛生管理のポイントを明確にして、記録も残すことで、従業員の経験や勘に頼らない、

安定した安全な製品が作れるようになった 

・工程ごとに確認すべきことが明確になった 

・従業員のモチベーションが上がり、現場の状況が把握しやすくなった

お申込み方法

 当事務所へ「HACCP導入の旨」のお電話をください

079-495-3254

 ホームページやメール

syu-no19@nike.eonet.ne.jpにてもお申し込み可能です。


料金体系

1年ごとの契約で最長5年までの更新が可能です。 

■従業員数が5人以下の事業所

 2万円/月×12か月=24万円/年(消費税はかかりません)

 ※年一括前払いの事業所には 20万円にお値引き致します。

■従業員数が5人以上50人以下の事業所

 5万円/月×12か月=60万円/年(消費税はかかりません)

 ※年一括前払いの事業所には 50万円にお値引き致します。

■従業員数が50人以上の事業所

 10万円/月×12か月=120万円/年(消費税はかかりません)

 ※年一括前払いの事業所には 100万円にお値引き致します。

※銀行振り込みやクレジット払いで受け付けております。